日野原重明会長の100年史


6歳の頃、家族と
6歳の頃、家族と

1911年10月4日
山口市で生まれる、6人兄弟の次男。
明治の年号にちなみ兄弟全員の名前に「明」の字が入っている。
神戸へ引越し。

1915年
7歳でキリスト教の洗礼を受ける。
神戸市立諏訪山小学校(現神戸市立こうべ小学校)に入学。
4年のとき急性腎臓炎のため休学する。
療養中にアメリカ人宣教師の妻からピアノを習い始める。

1932年 大学1年春・広島女学院にて療養
1932年 大学1年春・広島女学院にて療養

1923年

旧制神戸第一中学校に合格。
関西学院中学部に入学。
赤面恐怖症克服のため弁論部に入る。

1929年
旧制第三高等学校理科に進学。
家庭教師として下宿しながら三高に学ぶ弁論部と文芸部に入部、詩集や随筆集を作った。

1932年
京都帝大医学部 現役合格。
学費は教会関係者の寄付を仰いだ。
結核にかかり休学、父が院長を務める広島女学院の院長館や山口県光市虹ヶ浜で約1年間闘病生活を送る。

1941年 聖路加病院赴任後
1941年 聖路加病院赴任後

1934年

京都帝国大学医学部2年に復学。

 

1937年
京都帝国大学医学部を卒業し、京都帝国大学医学部三内科副手(無給)に就任(1939年まで)。

真下俊一教授の第三内科(循環器内科)に入局。

徴兵検査丙種合格。

微小マイクロフォンを自作(アメリカ医学専門誌に掲載)

 

1938年
北野病院や京都病院(現独立行政法人国立病院機構京都医療センター)で勤務。

 

1939年
京都帝国大学医学部大学院博士課程(心臓病学専攻)に進学。京都大学YMCA地塩寮に住む。

 

1941年
内科医となる。

1943年 結婚直後
1943年 結婚直後

1942年

教会の日曜学校で教師をしている女性と3ヶ月交際し、結婚。

1943年

京都帝国大学医学博士の学位を取得。

音楽好きだったため、博士論文は「心音の研究」。

心臓が収縮するとき低音がなることを発見し、米国の著名な医学雑誌に投稿した。

 

1945年
志願して大日本帝国海軍軍医少尉に任官。

戸塚海軍病院や海軍衛生学校のある横浜市戸塚で訓練を受けるが、急性腎臓炎のため入院となり除隊。

日曜は午前中教会へ。

午後は無医村の無料診療へ。

 

1951年
ウィリアム・オスラー医師の文献を通してアメリカ医学を知り衝撃を受ける。

アトランタ市エモリー大学医学部へ1年留学、ポール・ビーソン教授に師事。

メイヨー・クリニックでホリスティック医療に触れる。

 

1954年
日本発の人間ドック開設メンバーとして奔走。

1970年 ハイジャック記事
1970年 ハイジャック記事

1970年3月31日
よど号ハイジャック事件に遭遇3晩4日拘束された。
事件に遭ったのを契機に自己の内科医としての名声を追求する生き方をやめる。

1973年
(財)ライフプラニングセンター設立

1974年
聖路加看護大学学長就任

1988年
聖路加看護大学に国内初の大学院博士課程を設置。

1996年 聖路加病院にて
1996年 聖路加病院にて

1992年

聖路加国際病院院長就任病院新築の指揮をとる。

 

1993年
勲二等瑞宝章受章。


1995年
地下鉄サリン事件の際に遺憾なく発揮され、通常時の機能に対して広大すぎると非難されたロビー・礼拝堂施設は緊急応急処置場として機能した。

 

1996年
財団法人聖路加国際病院理事長に就任。


1998年
トマス・ジェファーソン大学人文科学名誉博士。

 

1999年
文化功労者 選出

2011年 チャペルにて
2011年 チャペルにて

2000年9月

「新老人の会」結成

『葉っぱのフレディ〜いのちの旅〜』初公演

 

2001年3月
『生きかた上手』出版、総計350万部のミリオンセラーに。


2002年
マックマスター大学名誉博士。


2003年
朝日新聞社朝日社会福祉賞受賞

2005年
NHKプロジェクトX~挑戦者たち「地下鉄サリン 救急医療チーム 最後の決断」放送。

文化勲章を授与

 

2007年
日本ユニセフ協会の大使に任命


2008年
「いま伝えたい大切なこと いのち・時・平和」NHK出版神戸市神戸大使。

2010年
『葉っぱのフレディ〜いのちの旅〜』アメリカ合衆国ニューヨーク市のオフ・ブロードウェイで公演。

10月14日、『徹子の部屋』(テレビ朝日)にゲスト出演。

2011年
NHKスペシャル「日野原重明 100歳 いのちのメッセージ」放送。